SRCSRCの基礎
湿気を完全にシャットアウト
腐朽菌やシロアリが発生せず、床下が破損しません
完全密封構造のため、外部からの湿気も完全遮断します。また、地中から上昇する湿気に対しても砂利層でストップ。砂利層には空気の移動がないため、それ以上は上昇しません。そしてその湿気は湿流作用により建物の外へ蒸発してしまいます。
SRC基礎は、湿気をシャットアウトし、また床下に木材を使用しないため、シロアリや腐朽菌の生育に必要な水分と栄養分が存在しないのです。よってシロアリや腐朽菌の発生はありません。
湿気を完全にシャットアウト
抜群の省エネルギー性
自然の力を上手に利用し、夏涼しく冬暖かな住環境を創ります
SRC基礎を構成する砂利層は、快適な住環境を支える大きな役割を担っています。砂利層には、地中からの熱をためる蓄熱体としての働きがあります。蓄熱される温度は、真冬の15℃から真夏の25℃のサイクルで保たれています。この蓄熱が床上つまり室内(1階部全室)に働きかけ、天然の冷暖房効果を発揮します。さらに従来基礎の住宅よりも、室内の温度変化(日格差、季節格差)が極端に少ないため、エネルギー効率の良い冷暖房が可能となります。
観測データにみる地中と砂利層の温度変化
グラフ
家 家
自然災害に強い
内部土台は、フラットジグ(H形鋼材)と下地コンクリートによる一体化で高い強度が実現します。SRC基礎の内部体積は、従来基礎の3倍、計算重量は2倍にもなるため、台風や地震に強い低重心の安定した住宅が実現します。さらにSRC基礎の砂利層は、地面と一体化するため、不等沈下を起こすこともなく、ピアノや大型家具など設置場所が限定されることもありません。また、この砂利層は、線路の砂利や道路のサンドクッションと同じ役割をし、振動を吸収し、分散させる作用もあります。通行する自動車による揺れや騒音までも抑えます。
SRC基礎の内部構造 砂利層
SRC基礎の内部構造 砂利層
高品質・高耐久性
SRC基礎は、高水準の水平精度を誇ります。水平・垂直さらに強度までも半永久的に保たれ、建物自体の品質精度までも高め、耐久性の高い住宅を実現します。また、床下に木材を使用しないため湿気の影響を受けず、従来基礎の住宅で生じるような核部位のゆがみ、ひずみ、ふけ、くされは起こりません。だから床鳴りなども発生しません 高品質・高耐久性
驚異の床暖房システム
快適性・経済性・耐久性を兼ね備えた温水式床暖房システム
快適性・経済性・耐久性を兼ね備えた温水式床暖房システム。
蓄熱層の中を温水が流れるため、温度が下がりにくく、床全体を均一に暖めます。部屋でも廊下でもトイレでも同様の快適さを提供します。また、施工が簡単で特殊な床材など不要なため大幅なコストダウンを実現。ランニングコストにおいても、少ないエネルギーで効率よく暖めとっても経済的です。さらに、太くつなぎ目のないパイプを施設することで、ボイラーに負担をかけず、優れたメンテナンス性も実現しました。
床暖房

従来の床暖房とココが違う!
  SRC基礎の蓄熱式温水床暖房
(当社展示場データによる)
一般的な温水床暖房
温水温度 50℃以下
温度設定が低く省エネルギー
60℃以上
設定温度が高くエネルギーのムダ
床表面温度 約23℃
(体が接していると28〜30℃になる)
ほどよい暖かさを維持
25〜30℃
(体が接していると40℃になる)
床が暖まりすぎ、熱いくらい
室 温 約21℃
熱効率がよく床全体の温度が安定
8〜20℃
配管や室内の家具調度品により温度が
まばらになる
範 囲 一階の床全て可能(一階全室床暖房) 部屋ごとで部分的な床暖房
コスト ランニングコストだけでなく、
他と比べてイニシャルコストも安い
システムによって、価格差があるが
全体的に高額となる
※条件によって効果は異なります。


▲このページの先頭に戻る
SRCSRCの基礎
すべての面で従来基礎をはるかに凌ぐスーパー基礎工法
現在、日本の住宅の多くが、ベタ基礎というタイプの住宅基礎を採用しています。性能的にも強度的にも日本の風土に最適なものだと思われてきました。SRC基礎の登場でそうした認識も大きく変わってきました。
SRC基礎 従来基礎(ベタ基礎)
概要 床下に蓄熱体を設けた完全密封構造。強度・精度に優れ、高い快適性を備える。 全面をコンクリートで打設した構造。床下空間を持ち通気性のある一般的な基礎。
SRC基礎 従来基礎
耐久性
外部からの湿気を完全にシャットアウト。シロアリ、腐朽菌は発生せず床下の破損は皆無。 夏季、通気孔から侵入した湿気が床下で結露、床下破損やシロアリ発生の原因をつくる。状況に応じてメンテナンスが必要であり当然コストもかかる。
強度
ベタ基礎と比較して、体積で約3倍、計算重量で約2倍になるため、地震や台風など自然災害に強い。 構造的に強いとされているが…。
快適性/省エネ
蓄熱体がもたらす自然の冷暖房効果により、夏涼しく、冬暖かい住宅を実現。少ないエネルギーで、効率よい冷暖房が可能。 冬は通気孔から床下に冷気が入り室内温度を下げる。寒さを和らげるために断熱材を使用すると夏季は熱が逃げなくなり室内を暑くする。冷暖房ともに効率が悪く、必要以上にエネルギーを浪費。
品質/精度
高水準な水平精度施工により、半永久的に水平・垂直、強度を保ち、建物の品質精度もアップする。 床の水平精度を高めるのは難しく、ひずみ、ふけ、くされ、床なりなどは避けて通れない。
耐震性
床下構造が振動を吸収分散し、揺れを抑える効果もある。
また、地盤と一体化するため不等沈下を起こしにくい。
振動を地中に深く伝えてしまう構造のため不等沈下が起こりやすい。
▲このページの先頭に戻る
フォームライト
Ecology
環境に優しい
フォームライトSLは、ノンフロン断熱材で、フロンを一切使用せず地球温暖化防止に役立ちます。また、シックハウスの原因とされるホルムアルデヒドを排出せず、安心してご使用いただけます。
Airtight & lnsulation
高気密・高断熱
フォームライトSLは、自身の持つ発泡特性により、断熱化だけではなく同時に気密化を図り温度差の小さい快適な住まいを作ります。また、自己接着性と弾力性により、木材等の痩せにも追随し、断熱・気密性を長期に維持します。
Saving Energy
省エネルギー
断熱・気密化により、今まで外部に逃げていた熱ロスを押さえ、省エネルギー性を高めます。また、適切な気密化は計画換気の効率を高め、花粉症などのアレルギー疾患の予防に役立ちます。更に、いつも新鮮な空気を取り入れ、快適な環境を作ります。
施 工 例
自己粘着性と弾力性により、壁面・天井への施工性も優れています。
壁部 屋根 吹きつけ作業
◎壁部 ◎屋根 ◎吹きつけ作業
Sound Effects
優れた音響効果
気密化により、今まで隙間から入り込んできた騒音のをシャットアウト。また、フォームライトSLの連続気泡構造は音をフォーム内に分散し、静かな環境を作ります。
Long Life
長寿命
フォームライトSLは、フォーム内部の99%が空気であり、発泡ガスの置換がないため、長期にわたり断熱性の劣化がありません。断熱・気密化により、住まいの大敵である壁体内結露を防止し、耐久性に優れた住まいを実現します。また、温度ストレスのない快適な室内環境が得られるほか、ダニ・カビの繁殖を押さえ、健康的な生活空間を実現します。
Low Cost
低コスト
フォームライトSLは、100倍に発泡し、超軽量・低密度化を実現。材料コストを低減します。また、現場発泡により、物流コスト・現場廃材処理コストの低減に役立ちます。短期間(およそ2日間)で断熱・気密工事が完了し、工事費の節約にも役立ちます。
▲このページの先頭に戻る
ニチハ耐力面材「あんしん」
地震・台風に『あんしん』 『あんしん』の高い壁倍率が、地震や台風時の外力から建物を守ります。
『あんしん』は壁倍率2.9を取得しています。
国土交通大臣認定耐力壁面材 FRM-0173

壁倍率の数値が高いと、同じ壁面積で耐え得る力が強いことになります。同じ間取りプランならば、3cm×9cmの片筋かいを使用した建物よりも、地震や台風に余裕を持って備えられます。
また、壁倍率の数値が高いことにより、壁の面積を少なくすることが可能になり、窓を広くとるなど間取りプランの自由度が増します。
火災に『あんしん』 万が一の火災時も、準不燃材料で『あんしん』です。
『あんしん』は準不燃材料認定を取得しています。
国土交通大臣認定準不燃材料 QM-0457

耐力面材には合板やOSB等木質系の可燃材料もあります。これらと比較して、『あんしん』は準不燃材料ですので、万一の火災時に『あんしん』使用部分で屋内へ火炎が達する時間を延ばすことができます。
試験風景
燃焼試験
『あんしん』性能―耐久性― 長期間の使用も『あんしん』な、高耐久性です。
耐久性
耐力面材は、長期間荷重に耐える必要性がありますので、製品には耐久性が必要です。耐久性は耐凍結融解試験、耐透水性能(表面)試験によって表すことができます。『あんしん』は耐凍結融解試験10サイクルで製品に異常はありません。
『あんしん』の透湿性能は合板同等以上であり、室内で発生した湿気を外壁側へ流出させることにより躯体の劣化や壁体内結露を防ぎます。また、ニチハ外壁材モエンを用いた外壁通気構法は湿った空気を屋外へ排出することができます。
更に、『あんしん』は施工時の雨濡れや水分による製品の劣化を抑えるため、表面に特殊防水処理をおこなっています。透湿性能と耐透水性能(表面)のバランスで、躯体の劣化、壁体内結露防止と製品劣化防止を両立しています。
なお、『あんしん』は無機質系材料ですから木質系の耐力面材と比較し、耐腐朽性や防蟻性に優れており、薬品による処理などは必要ありません。
※『あんしん』以外の柱、土台などの木部には必要に応じて薬品処理が必要です。
試験結果
材料名 『あんしん』 MDF 合板・OSB
透水量
(ml)
経過
時間
15分 0.18 5以上 5以上
120分 1.09 5以上 5以上
※数値は各4体の平均値。但し、1体でも5ml以上となった場合は、5以上と表記している。
『あんしん』の主原料は無機質系ですから、防腐・防蟻処理は不要です。
各試験
『あんしん』性能―施工性・環境性― 施工しやすく、体にも『あんしん』な素材です。
施工性 1特殊な工具を用いずに切断できます。 3N50の釘を使用して施工してください。
2防水紙張りがスムーズにできます。 4釘頭がめりこまないように施工してください。
環境性 VOC(ホルムアルデヒド・クロルピリホス)規制対応
『あんしん』はホルムアルデヒド発散建築材料に含まれていないので規制の対象外となり、制限無く使用できます。『あんしん』はクロルピリホスを添加していないので安心してご使用できます。他のVOC(トルエン、キシレン等)についても問題はありません。より詳しくお知りになりたい方は、最寄りの弊社営業所にご連絡いただき、MSDS(製品安全データシート)をお取り寄せご確認ください。
『あんしん』は無石綿ですから、施工される方や住まわれる方にも『あんしん』です。
▲このページの先頭に戻る
SW工法は、木造軸組工法をベースに高性能SWパネルをプラスした高気密・高断熱・高耐震構造。 冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。
発泡ポリウレタン60mmと同等の断熱性能をグラスウール( 16K)で得ようとすると106mmの厚さになります。
※( )内は北海道仕様です。北海道仕様では、さらに断熱性能を強化した3枚ヒレタイプの断熱パッキンを採用しています。
※仕様は地域・地盤の状況によって異なります。仕様によりイラストと異なる構造となる場合があります。
発泡ポリウレタン89mmと同等の断熱性能をグラスウール(10K)で得ようとすると171mmの厚さになります。
※東北・北関東・関東の限定商品です。
※仕様は地域・地盤の状況によって異なります。仕様によりイラストと異なる構造となる場合があります。
玄関ドアやサッシ等は、基材のアルミと断熱性に優れた樹脂素材(アルミの1250倍)の複合構造。アルミの特長をそのままに、樹脂が窓まわりの激しい熱移動をしっかり抑えます。また、基礎部分の熱移動には、基礎の内側または床での断熱施行でしっかり対応します。
3.49W/(・K)以下〔3.0kcal/(・h・℃)以下〕
アルミ+樹脂の複合構造で高い断熱性能を発揮します。
基礎に断熱材を施行します。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。
 
3.49W/(・K)以下〔3.0kcal/(・h・℃)以下〕
ドアに組み込んだ断熱材が、高断熱性能を発揮します。
床の直下に断熱材をいれ、建物の断熱性能を高めます。
※基礎の仕様は地域・地盤の状況によって異なります。
今日ではすっかり定着した“水を買う”という概念。日常の“ありふれたもの”に着眼し、自ら選択・購入するということで「健康」等の付加価値を手にするという考え方です。これは、住まいの高気密化で汚れやすくなった「室内空気」にも当てはまります。高気密住宅であるSW工法住宅では、使用する建具などに配慮してシックハウスの原因を取り除くだけでなく、24時間計画換気でいつもキレイな空気を保ち、ご家族の健康を守ります。
冬の朝でも快適な体への負担が少ない健康配慮の住まい
SW工法住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度低下はゆるやか。真冬の凍てつく早朝でも、すっきり目覚める快適温度をキープでき、暖房を入れれば少ないエネルギーですぐに温まります。
SW工法における冷暖房について
SW工法のすぐれた保温性能と冷暖房との併用によって、一年を通して快適な居住環境を実現しています。
※一酸化炭素を室内に放出する開放型の暖房設備は使用できません。酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。
▲このページの先頭に戻る
Copyright © 2007 モウエハウジング All rights reserved.